BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

技研商事インターナショナル、無料セミナーで最新GIS活用事例を紹介

GISシステムの最新情報や分析手法の無料セミナーを開催

技研商事インターナショナル株式会社は、2019年12月6日(金)にエリアマーケティングの最新分析事例や活用トレンドなどを紹介するセミナーを開催すると、発表しました。このセミナーは、無料で参加できます。

セミナーの概要

このセミナーは、自社システムGIS(地図情報システム)である「MarketAnalyzer」を用いたセミナーで、具体的な分析手法や事例が紹介されます。講師は、同社の執行役員、マーケティング部部長シニアコンサルタントの市川 史祥氏です。

2部構成となっており、1部では、チェーン店舗向けのエリアマーケティングです。エリアマーケティングに関する、データの分析から活用方法、新規出店の判断基準などになります。2部では、オルタナティブデータ(代替データ)についてで、ビックデータの活用やスマートフォンのGPSから取得したデータの分析事例となっています。

セミナーの開催日時

2019年12月6日(金)、15時から17時の予定で、東京国際フォーラムにて開催されます。受付は14時45分からです。参加は無料ですが、定員は90名となっており、同社のWebサイト、またはメールでの申し込みが必要です。

対象者は、企業の店舗開発や経営企画、販売促進の担当者です。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

プレスリリース
hhttps://www.atpress.ne.jp/news/198211

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top