BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ビジネス・マーケティング思考ツール『BizMake』、ver1.6でスマホに対応

外出中にもマーケティングが可能に

東京システムハウス株式会社は、2019年11月18日、ビジネス・マーケティング思考ツール『BizMake』のver1.6をリリースしたと発表しました。

『BizMake』は、WEBブラウザで手軽にビジネス・マーケティングの思考・共有ができるツールです。今回リリースされたver1.6では、スマートフォンへの対応およびプロジェクト共有機能の追加を実施。外出中にもマーケティングを行うことが可能となっています。

ビジネスの核となるビジネス設計をサポート

東京システムハウスは、1976年に独立系のシステムハウスとして誕生した企業です。以来、独自のサービス・技術を様々な形で提供し、クライアント企業からの評価を獲得。また、事業展開の中で蓄積した豊富な経験や業務ノウハウを活用し、的確なコンサルテーションも提供。現在まで「お客様のためのITサービスカンパニー」であり続けています。

同社は、クライアント企業のビジネス推進を支援するにあたり、顧客ニーズの仮説検証サイクルスピードを高めることが重要であると判断。そのためのツールとして、ビジネスフレームワークをWEB上で簡単に利用できる『BizMake』の開発に至りました。思考・共有を手軽に実現することで、ビジネスの核となるビジネス設計をサポートしています。

「スマホに保存した気づきを、PCでブラッシュアップ」

リリースされた『BizMake』ver1.6では、スマートフォンへ対応することにより、外出中でもビジネスアイディアのまとめを行うことが可能になりました。「スマホに保存した気づき・アイディアを、PCでブラッシュアップ」といった使い方も可能です。

ver1.6ではまた、作成プロジェクトの共有・共同編集を実現。思考・戦略の共有や共通言語の形成を支援しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

BizMake ver1.6をリリースしました – 東京システムハウス株式会社
https://www.tsh-world.co.jp/news/release/post-1883/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top