BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「採点される人生」。2019年度新聞協会賞受賞連載「データの世紀」、書籍化

加筆修正してまとめたもの

株式会社 日本経済新聞社は、2019年11月18日、書籍『データの世紀』を刊行しました。

同書は、2018年4月より掲載された日本経済新聞の同名連載企画と、ネット社会に関する調査報道記事を加筆修正してまとめたものです。

あらゆる事象がデータ化される

近年、データを駆使して新しい富やビジネスを創出するデータエコノミーは、個人・企業・国を問わず急速に拡大しています。また、この拡大に対応する形で国家も規制を強めるなど、取り巻く環境も著しい変化を見せるようになりました。

日本経済新聞の連載企画『データの世紀』は、こうした状況に対応するべく掲載が開始されたものです。同企画では、あらゆる事象がデータ化されることで生じる日常生活の変化や、米IT大手によるデータの寡占、また国による規制の動きなどを取材。2019年度の新聞協会賞も受賞しています。

「採点される人生」「数字が語る」

書籍『データの世紀』は、データ社会の諸相を身近な問題として伝えた同連載の内容を、再構成してまとめたもの。目次には、「世界が実験室」「採点される人生」「数字が語る」「混沌の新ルール」といったインパクトのあるタイトルが並びます。また、連載時に取り上げた話題については、最新の情報が加筆・修正されました。

同書は、データ社会の最新の動きを理解できる内容となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

新聞協会賞受賞「データの世紀」 連載を書籍化 – 株式会社 日本経済新聞社
http://www.nikkei.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top