BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

博報堂、タイのデジタルエージェンシーWinter Egency社の株式を取得

デジタル領域ビジネスの成長が著しいタイ

株式会社博報堂は、2019年11月14日、タイのデジタルエージェンシーであるWinter Egency Co., Ltd.(以下「Winter Egency社」)の株式を取得したと発表しました。

Winter Egency社は、デジタル領域におけるビジネスの成長が著しいタイにおいて、順調に成長を遂げている有力なデジタルエージェンシー。この株式取得により博報堂は、同国におけるデジタル広告への対応力を一層強化するとしています。

Winter Egency社と博報堂

Winter Egency社は、タイにおいて2007年に設立されました。現在はスタッフ数が100余名にまで増加し、ワンストップのサービス提供も実現。その範囲は、デジタルマーケティング戦略の構築から、クリエイティブ・コンテンツ制作、またソーシャルメディアの運用にまで至ります。

博報堂は既に、Winter Egency社との間で複数のプロジェクトについて協業を行ってきました。タイのローカル企業からグローバル企業までクライアントを持つWinter Egency社の支援を受け、博報堂は高いクオリティの業務を実現。その実績は、アジア最大の広告マーケティング専門誌『Campaign Asia Pacific』でも高く評価されています。

全てのクライアントへ高品質なサービスを提供

この株式取得によりWinter Egency社は、博報堂グループの一員として迎えられることとなりました。Winter Egency社代表のエカチャイ・パリチャティカノン氏はこのグループ化について、クライアントに対してビジネスインパクトをもたらすものであると考えています。

博報堂は今後も、全てのクライアントへ高品質なサービスを提供するとのことです。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

タイのデジタルエージェンシー「Winter Egency」の株式を取得 – 株式会社博報堂
https://www.hakuhodo.co.jp/news/newsrelease/74817/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top