BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

セゾン、HULFTに「クラウドストレージオプション」を追加

「HULFT」に新機能追加、クラウドとのファイル連携が可能に

2019年11月7日、株式会社セゾン情報システムズは「HULFT」に新機能「クラウドストレージオプション」を追加したと、発表しました。この機能はオプションとして同年12月4日より提供を開始します。

「HULFT」とは

さまざまなシステムを連携する、ファイル連携基板です。TCP/IPプロトコルを使用しており、安全かつ確実にファイルを転送できます。

このシステムは1993年に発売以降、対応プラットフォームを増やし、多業種に使用されています。2019年9月時点で43カ国、9,300社に利用されています。

新機能の概要

「HULFT」でクラウド(AWS、Microsoft Azure、GCP)でのファイル連携が実現できます。使用感もそのままで、簡単な設定で連携が実現可能です。

また、確実な転送や転送履歴、転送管理などは「HULFT」の機能を活用でき、導入コストの削減も可能です。バックアップやデータの退避手段としての活用が、見込まれています。

オプション機能のため、接続するクラウドごとに導入が必要です。ライセンス料は30万円、保守費用(年額)は4万5000円からになります。料金体系は他に月額のサブスクリプションも設けています。

(画像は株式会社セゾン情報システムズ プレスリリース より)

▼外部リンク

株式会社セゾン情報システムズ プレスリリース
https://home.saison.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top