BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

入力業務を担うドゥ・ハウス西日本データセンター、開所1周年

マーケティングサービスのドゥ・ハウス

株式会社ドゥ・ハウスは、2019年11月14日、同社の施設であるドゥ・ハウス西日本データセンターが開所1周年を迎えたと発表しました。

ドゥ・ハウスは、マーケティングサービス事業やネットワーク運営を手がける企業。同データセンターは、マーケティングサービスの拠点として香川県高松市にて開設された施設で、2019年10月1日で1周年を迎えています。

リサーチ企業のBPOや業務請負も受け付ける

同データセンターは、マーケティングに関する機密性の高いデータ入力業務や、定量アンケートの実施などを中心業務として、運営が開始されました。スキームが既に固まっている業務の高速回転を得意領域としており、昨今は同業他社であるリサーチ企業からもBPOや業務請負を受け付けるようになっています。

開設に際して同データセンターでは、現地での採用活動を実施。結果として、幅広い年齢層の能力が高い人材に恵まれ、順調に業務を拡大させることが可能となりました。社員数も増加したため、増床と共にセキュリティレベルの高いルームや会議室の新設も実施。より働きやすい環境で、2年目をスタートしています。

40年間培ってきた技術やノウハウも活用

ドゥ・ハウスは同データセンターについて、オンライン調査の実施から仮説構築までをトータルで手がける拠点へ成長させることも企図。40年間培ってきた技術やノウハウも、活用すると考えています。

また同データセンターでは、地方創生のためのテストマーケティングにも取り組むことで、高松市という立地も活かすプランも想定されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

マーケティングサービスを担うドゥ・ハウス西日本データセンター開所1周年 – 株式会社ドゥ・ハウス
https://www.dohouse.co.jp/news/release/20191114/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top