BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

現場作業員の活動を「見える化」するAI、「Lightblue Sense」リリース

業務効率改善や安全性向上を短期間で実現

株式会社Lightblue Technologyは、2019年11月13日、現場作業員の活動をデータ化・可視化するヒューマンセンシングAI『Lightblue Sense』をリリースしました。

Lightblue Technologyは、AIサービスの開発業務を手がける東大発のスタートアップ企業。『Lightblue Sense』は、AIによって現場作業員の活動を「見える化」し、業務効率改善や安全性向上を短期間で実現するものとなっています。

工程や人員ごとに細かく作業を数値データ化

近年、人手不足の深刻化に対応すべく、現場作業の領域でも業務の効率化が進められています。しかし、実際の効率化推進に際しては、「人手によるチェック」という方法が採られる場合がほとんどです。そのため、このチェックそのものに膨大な時間と労力を要し、業務の効率化も思うように進まないという課題がありました。

Lightblue Technologyはこの課題を、AI活用により解決することを企図。現場作業者の作業内容を可視化すべく、人から様々なデータを認識・分析する『Lightblue Sense』の開発に至りました。このAIでは、工程や人員ごとに細かく作業を数値データ化し、「見える化」を実現。リアルタイムの作業状況把握を可能にしています。

人手不足という問題解決への対処を提案

『Lightblue Sense』では、カメラで撮った現場の動画像から様々なデータの認識・分析を行います。そのため、大量の画像データを用意する必要はありません。従来のAIとは異なり、極めて容易かつ短期間で導入することが可能です。

『Lightblue Sense』によりLightblue Technologyは、人手不足という問題解決への対処を提案するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社Lightblue Technology
https://www.lightblue-tech.com/

現場作業員の活動をデータ化・可視化するAI(Lightblue Sense)を開発 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top