BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

東急電鉄、LED蛍光灯一体型防犯カメラを導入予定

鉄道業界初、4Gデータ通信機能付き、LED蛍光灯一体型の防犯カメラを設置予定

2019年11月6日、東急電鉄株式会社は、ソフトバンク株式会社の4Gデータ通信に対応した、LED蛍光灯一体型の防犯カメラ「IoTube」を順次設置すると、発表しました。2020年3月から同年7月までに、同鉄道会社所属のほぼ全車両に設置予定です。

4Gデータ通信機能を備えたLED蛍光灯一体型の防犯カメラ導入は、鉄道業界で初めてになります。

IoTubeの概要

データ通信でカメラ映像データを送信して、遠隔地で記録映像を確認できる、LED蛍光灯一体型の防犯カメラです。このカメラは東急電鉄株式会社が協力して、株式会社MOYAIの特許技術を基に開発されました。ソフトバンク株式会社が販売および通信サービスを提供します。このカメラは、同鉄道の1車両に4台設置されます。

今までは、電車内のカメラから記録媒体を抜き取りパソコンで確認していましたが、カメラ設置後は無線通信により事務所内から映像の確認が可能です。リアルタイムに近い形で確認できることで、車両内のトラブルに迅速に対応できる仕組みができます。

また、記録した映像は閲覧できる社員を限定し、関係法令や社内規定を遵守し、厳重に管理されます。

IoTube導入後の展望

東急電鉄株式会社とソフトバンク株式会社は、車両内の犯罪防止や利便性の高いサービスを追求し、セキュリティ、顧客満足度の向上を目指していきます。

今後、IoTubeに様々なセンサーを搭載し、データを活用することで、AIやIoTを融合した次世代型ネットワークカメラとして、不審物の自動検出など、新たなサービスや新規事業の創出を目標としています。

(画像はソフトバンク株式会社 プレスリリースより)

▼外部リンク

ソフトバンク株式会社 プレスリリース
https://www.softbank.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top