BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「temi」、導入。パルコ、「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」参画

SCでのロボット実装モデルを創出

株式会社パルコは、2019年11月12日、『ロボット実装モデル構築推進タスクフォース(TF)』に参画すると発表しました。

このTFは、経済産業省および国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が立ち上げたもの。パルコは、ショッピングセンターにおけるロボット実装モデルを創出するべく、自走式ロボット『temi』の導入などを行う予定です。

幅広くロボットを導入するための基礎を構築

パルコは、中期経営計画における事業戦略の柱のひとつとして、「独自の先行的ICT活用」を掲げています。これまでも同社運営のショッピングセンター『PARCO』において、様々なロボットの実証実験を行い、新たな消費体験の提供を推進してきました。今回のTF参画も、こうした流れの中で行われたものです。

今回のTFは、ユーザーやシステムインテグレーターなどが一堂に会し、ロボット実装モデル構築を進めるというもの。パルコは、人手不足への対応が喫緊の課題となっているショッピングセンターにおいて、ロボット実装モデルの創出を推進。幅広くロボットが導入できるための基礎を、構築するとしています。

『temi』が『渋谷PARCO』館内を回遊する予定

このTFにおいてパルコは、株式会社hapi-robo stが開発したパーソナルアシスタントロボット『temi』の試験導入を、『渋谷PARCO』にて予定。2019年11月22日より同店に出店するAIショールーミングストア『BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE』にて、取り扱いを開始するとのことです。

またパルコは、『temi』が『渋谷PARCO』館内を回遊するサービスの実証実験も、同年12月より開始するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ロボット実装モデル構築推進タスクフォースに参画いたします – 株式会社パルコ
https://www.parco.co.jp/pdf/jp/cname_20191111185130.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top