BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

年収をアップする食事をアドバイス。AI「Work Up」、オープンベータテスト開始

ワークパフォーマンスが改善される食事をアドバイス

株式会社シグナルトークは、2019年11月13日、AIサービス『Work Up』のオープンベータテストを開始しました。

同社は、脳の認知機能を測定できるサービス『脳測』などの提供を手がける企業。『Work Up』は、ワークパフォーマンスが改善される食事をAIがアドバイスすることで、年収をアップさせるというサービス。「世界初」のサービスであると、同社は自負しています。

生涯収入に対する食生活の影響を数値化

『Work Up』は、シグナルトークと、同社に関連したヘルステック企業である株式会社ドットテックが、共同で開発しました。

同サービスでは、生涯収入に対する食生活の影響を数値化し、日々のワークパフォーマンスを「見える化」します。その上で、「何をどのように食べれば良いか」について、AIがアドバイスを実施。利用者が現在行っていない食生活や生活習慣の中で、年収向上に繋がる可能性がある改善方法を、選別して推薦します。

アドバイスを行うAIは、シグナルトークが保有する健康アプリ会員の回答データや、他の統計調査データを学習。ディープラーニングと統計手法を駆使し、回答を生成するとのことです。

健康意識の高いオフィスワーカーに向けて提供

『Work Up』では、ワークパフォーマンスと健康度の改善を「見える化」するスコアである「W-Score」が、常に表示されます。また、約700人の専門家の知見をもとに生成された健康情報も表示。同社は同サービスについて、健康意識の高いオフィスワーカーに向けて提供を考えています。

『Work Up』のオープンベータテストは、2019年11月13日から11月20日正午まで実施される予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

世界初、年収が上がる食事を教えてくれるAI オープンベータテストを実施 – 株式会社シグナルトーク
https://www.signaltalk.com/press/20191113.php

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top