BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

東芝、2022年度までにグループAI技術者を3倍に

産学共同で、AI人材育成プログラムを開発

2019年11月7日、株式会社東芝は、国立大学法人東京大学大学院情報理工学系研究科と共同で「東芝版AI技術者教育プログラム」を開発し、2019年12月より同社グループで導入すると、発表しました。

今後、このプログラムをはじめとするAI技術者育成の強化で、2022年度までにグループのAI技術者を750人から2,000人へ増強していきます。

プログラムの概要

このプログラムは、東京大学大学院情報理工学系研究科が社会人向けに実施している「実データで学ぶ人工知能講座」の知見を取り入れ開発されています。AI手法学習や、同社のビッグデータを分析する演習などを通じて、優秀なAI人材を短期間で育成していきます。座学や演習で課題解決力を身につけ、実データを利用することで実践力を養います。

2019年7月に開発されたこのプログラムは、同年12月グループに導入し、年間100人規模でAI技術者を育成していく予定です。

今後の展開

同社はAI技術開発を支えて、普及する人材の育成が急務と考えています。AI研究開発の質の向上と規模の拡大により、世界有数のCPSテクノロジー企業への変革を推進すると、宣言しています。

(画像は株式会社東芝 ニュースリリースより)

▼外部リンク

株式会社東芝 ニュースリリース
https://www.toshiba.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top