BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

富士通、地理関連統計データの提供を開始

官公庁公開、地域別人口や雨量などの統計データを提供

2019年11月6日、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社は地理関連統計データの提供を開始すると、発表しました。提供はデータ活用に取り組む企業向けで、官公庁公開の地域別人口や雨量などの各種統計データを利用しやすい形式に加工した形で提供します。

同時に各加工データの再販やソリューションの提案、付加価値サービスの共同開発協業パートナー企業向けに、支援プログラム「データサービスパートナープログラム」が開始されます。

提供する地理関連統計データの概要

提供開始は2019年11月6日(水)から、CSV形式で提供されます。利用者は不動産事業者、流通サービス事業者、都市ディベロッパー、自治体などを想定しています。

取り扱いデータは「人口年次推移」、「公示地価」、「住宅着工インデックス」、「過去気象ログ」です。

データサービスパートナープログラムとは

このプログラムは同社が提供する加工データの再販やソリューションの提案、付加価値サービスの共同開発協業パートナー企業向けに提供されます。サンプルデータの提供、再販支援などを技術やビジネスの両面から支援するプログラムです。参加登録は無料です。

対象データは、「地理関連統計データ」、「人工衛星画像データ加工サービス、Starflakeシリーズのデータ」です。

(画像は富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 プレスリリースより)

▼外部リンク

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 プレスリリース
https://fjct.fujitsu.com/press-release/20191106.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top