BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

BIダッシュボード「MotionBoard」、「Oracle Autonomous Data Warehouse」に連携

柔軟かつリアルタイムなデータ連携を実現

ウイングアーク1st株式会社は、2019年11月7日、同社のBIダッシュボード『MotionBoard』が、オラクル社の自律型データベース『Oracle Autonomous Data Warehouse』に連携したと発表しました。

『MotionBoard』は、様々なデータを必要な形態でシンプルに可視化するBIダッシュボード。『Oracle Autonomous Data Warehouse』との連携では、柔軟かつリアルタイムなデータ連携など可能となっています。

誰もがデータから新しい「気づき」を得る

『MotionBoard』は、アクションにつなげるデータ活用を実現するBIダッシュボードです。社内外に分散された様々なデータを可視化することで、刻一刻と変わるビジネス状況への素早い対応を可能にします。

『MotionBoard』はまた、マウス操作のみでダッシュボード開発が可能できるユーザービリティも実現。ノンプログラミングでも多角的な分析や高度な分析が行えるため、誰もがデータから新しい「気づき」を得ることが可能です。

国内外に分散されたデータを統合・分析

『MotionBoard』が連携した『Oracle Autonomous Data Warehouse』は、複雑性・人的ミス・手動管理を排除し、最小限のコストで信頼性・セキュリティ・運用効率の向上を実現する自律型データベースです。

この連携により『MotionBoard』は、国内外に分散されたデータの統合・分析などが可能となりました。業務効率の向上のみならず、ビジネスに有意義な情報の提供も、行うとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「MotionBoard」が「Oracle Autonomous Data Warehouse」に対応 – ウイングアーク1st株式会社
https://www.wingarc.com/public/201911/news1189.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top