BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

第三世代BIツール「Sisense」、ギャプライズが日本販売開始

11月1日より販売開始

株式会社ギャプライズは、2019年11月7日、イスラエル発の第三世代BIツール『Sisense』の提供を開始したと発表しました。

ギャプライズは、デジタルマーケティングの総合商社を自認する企業。『Sisense』は、イスラエルのスタートアップ企業であるSisense社が開発したBIツール。ギャプライズは、Sisense社と業務提携を行った上で、同年11月1日より『Sisense』を販売しています。

誰でも簡単にデータを可視化

『Sisense』は、Sisense社が独自開発したAIアルゴリズムにより、誰でも簡単にデータを可視化することを可能にしたBIツールです。

同ツールは、開発工数を最少化しており、最短1日から数日程度でのシステム導入が可能。また、CPUとメモリのリソース有効活用を実現したことで、複雑なデータソースからのデータ抽出に強みを発揮します。

ユーザー操作性にも優れ、IT部門の支援なしでのダッシュボード作成も可能。こうした点が評価され、『Sisense』は世界中で4000社以上の企業が導入しています。

日本市場におけるプレゼンス向上を期待

ギャプライズは、海外のデジタルマーケティングツールを数多く日本国内に導入してきた実績を持ちます。Sisense社は、ギャプライズのこうした実績を評価。日本市場における『Sisense』のプレゼンス向上を、期待するとしています。

ギャプライズは今後も、「最先端テクノロジー×情熱的な人のチカラ」をモットーとして、デジタルマーケティングサービスの提供を行うとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

第三世代BIツール「Sisense」の取り扱いを開始 – 株式会社ギャプライズ
http://www.gaprise.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top