BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

サムライセキュリティ、富山第一銀行と連携し「電子版地域通貨」を提供

電子決済サービス体験を提供

SAMURAI Security(サムライセキュリティ)株式会社は11月5日、富山第一銀行とシステム連携を行うと発表しました。「電子版地域通貨」を発行し、セールやイベントなどで活用できる電子決済体験を実施します。

ブロックチェーンによる地域通貨

同社は、ブロックチェーン技術を使った支援を行っており、その1つ「地域通貨ソリューション」として地域の活性を促す『電子通貨システムYEL(エール)』を提供。

富山第一銀行とシステム連携し、電子ポイントサービス「ファーストバンクコイン」として、2019年11月5日から2020年1月末頃まで、期間限定で提供します。

キャッシュレス決済の普及を図る一環として行われるもので、新規登録などを行った人に、電子ポイント「ファーストバンクコイン」を付与、キャッシュレス体験ができるというものです。アプリも必要とせず無料で利用できます。

情報発信も消費もブラウザで完結!

電子通貨・YELは、決済機能だけでなく、加盟店のギフトスタンプの購入や送付、利用者に電子通貨を還元するメリットを付与し、新たな顧客体験を提供。提供する側は、情報発信、クーポンの配布やマーケティングまで、一貫して行えるシステムとなっています。

同社は消費を通じた地域の活性、トークンでつながる世界の実現を目指しサービスを推進していくとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SAMURAI Securityのプレスリリース
https://samurai-sec.jp/1105yel/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top