BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

アパレルDXサービス「AYATORI」、AI-OCR機能などを2020年春リリース

AI-OCR機能や言語翻訳機能など

株式会社DeepValleyは、2019年10月31日、同社の提供サービス『AYATORI』においてAI-OCR機能などの新機能を2020年春にリリースすると発表しました。

『AYATORI』は、アパレル業界においてデジタルトランスフォーメーションによる生産業務の効率化を実現し、よりよいモノづくりができる環境を提供するSaaS。リリースが予定されている新機能は、AI-OCR機能と言語翻訳機能、デジタル縫製仕様書・検品書・加工指示書機能です。

「ものつくりの出発点からのデジタル化」を実現

『AYATORI』は、「ものつくりの出発点からのデジタル化」を行うことにより、サプライチェーン全体のデジタルトランスフォーメーションと情報の一括管理が実現するサービスです。

アパレルのサプライチェーンでは、それぞれの領域が専門的に分業化されており、コミュニケーションの量が大量となります。また、その手段もアナログかつ多岐にわたる場合が多いため、ヒューマンエラーやトラブルの多発やコスト増大といった課題が生じていました。

こうした課題を解決すべく『AYATORI』は、デジタル管理により全員で最新の情報を共有することを実現。よりよいものづくりや、戦略立案などに業務時間を割くことのできる環境を創造しています。

翻訳に要していた時間・コストも削減

今回リリースが発表された新機能はいずれも、手書きかつ様々なフォーマットで管理されてきた縫製仕様書(衣類の設計図)のデジタル化を、可能にするもの。また、90%以上の衣類製造が国外で行われている現状にあって、翻訳に要していた時間・コストも削減できるものとなっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AYATORI – 株式会社DeepValley
https://www.deepvalley.co.jp/ayatori

新機能「AI-OCR機能」を、生産管理SaaS「AYATORI」より2020年春リリース – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/r

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top