BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

オプティムのMDM・PC管理サービス「Optimal Biz」、シェアNo.1を獲得

2018年度国内EMM・MDM市場において、シェアNo.1

株式会社オプティムは、2019年10月31日、同社のMDM・PC管理サービス『Optimal Biz』が2018年度国内EMM・MDM市場においてシェアNo.1を獲得したと発表しました。

この発表によると『Optimal Biz』は、株式会社ミック経済研究所が同年9月27日に発刊した調査レポート『コラボレーション・モバイル管理ソフトの市場展望 2019年度版』において、同市場のシェアo.1になったとのことです。

端末管理を、ブラウザー上から一括で実行

オプティムは、AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーを自認し、ライセンス販売・保守サポートサービス事業を展開している企業です。ネット未体験のユーザーがネットを利用する機会が増えた昨今にあって、ネットを「息をするように無意識に使えるサービス・インフラ」に変えることを、目指しています。

同社の『Optimal Biz』は、スマートフォンやタブレットといった端末の管理・セキュリティ対策などを、Webブラウザー上から簡単に一括で行えるMDM・PC管理サービス。業界最多の対応機種数や、組織の構造を視覚化した階層管理機能、また直観的なユーザーインターフェースによる管理画面などが、特徴となっています。

最も顧客に選ばれるEMM・MDMソリューション

『コラボレーション・モバイル管理ソフトの市場展望 2019年度版』において『Optimal Biz』は、EMM(企業モビリティ管理)出荷ID数の割合では32.3%、EMM出荷金額の割合では18.5%を獲得。それそれのシェアが、No.1となりました。

オプティムはこの結果について、『Optimal Biz』が最も顧客に選ばれるEMM・MDMソリューションであることを証明するものと、自負しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「Optimal Biz」、2018年度国内EMM・MDM市場でシェアNo.1を獲得 – 株式会社オプティム
https://www.optim.co.jp/newsdetail/20191031-pressrelease

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top