BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ヤフー、データ活用ソリューション提供で企業や自治体を支援

ヤフー、データ活用ソリューションの提供を開始

2019年10月31日、ヤフー株式会社はビックデータを活用したインサイトを提供するソリューションを同日開始したと、発表しました。このソリューションは、企業や自治体向けの事業創造や成長支援、課題解決を目的としています。

ソリューションの内容

同ソリューションは、同社のビッグデータをブラウザー上で調査、分析できる「DS.INSIGHT」ツールと、ビックデータも含めた分析結果の提供、活用支援のためのコンサルティングを提供する「DS.ANALYSIS」の2種類があります。今後ラインナップを増やす予定です。

サービス提供前に、約60の企業や自治体と実証実験を行いました。その結果、商品開発にビックデータを活用した商品は、過去一番の売り上げと比較すると約2.6倍(初週販売数)になるなどの成果が出ています。

提供サービスの概要

「DS. INSIGHT」のダッシュボードサービスは、ヤフーの各種ビッグデータを自身のブラウザ上で調査や分析ができます。生活者の興味や関心を可視化する「DS.INSIGHT People」と、エリアの特性や人の流れを可視化する「DS. INSIGHT Place」の2種類から提供しています。利用料は月10万円(税別)からで、ライセンス数により利用料が変動します。

「DS.ANALYSIS」のデータ分析、事業活用支援コンサルティングサービスは、提供外のヤフービッグデータも含めた分析、事業への活用支援を行うコンサルティングサービスです。ニーズに合わせてビックデータを組み合わせ、問題解決を図ります。利用料は、個別で相談する形で、契約内容によります。

(画像はヤフー株式会社 プレスルームより)

▼外部リンク

ヤフー株式会社 プレスルーム
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2019/10/31a/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top