BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

キーワードの「今」と感情を、AIが「見える化」。「SO-AI:VOICE CLOUD」登場

ソーシャルリスニングAIサービスとして

株式会社SO-AI Japanは、2019年11月1日、ソーシャルリスニングAIサービス『SO-AI:VOICE CLOUD』の提供を開始しました。

SO-AI Japanは、「Social」「AI」「カスタマーデータ」の活用を軸として、マーケターと顧客の「相思相愛(SO-AI)」構築を目指している企業。『SO-AI:VOICE CLOUD』は、気になるキーワードの「今」と感情をAIで「見える化」するサービスとなっています。

気軽なソーシャルリスニングを可能に

『SO-AI:VOICE CLOUD』では、InstagramやTwitterといったSNSの最新人気投稿を抽出した上で、AIを活用したワードクラウド分析や感情分析を実施。人気を集めるキーワードの「今」の状態と、そのキーワードについて人々がどのような感情を抱いているのかについて、視覚的な理解ができるものとなっています。

『SO-AI:VOICE CLOUD』のようなサービスは、ソーシャルリスニングツールと呼ばれており、従来は有料であることが多いものでした。しかし『SO-AI:VOICE CLOUD』は、SNS解析の普及を推進すべく、基本無料での利用を実現。AIを活用しながらも、気軽なソーシャルリスニングを可能にしています。

企業のマーケティング・ブランディングを支援

『SO-AI:VOICE CLOUD』では、いわゆる「顧客に刺さるコンテンツ」の分析力や、顧客分析力の向上が可能となります。また、いいね数や投稿の高い反応率を持つインフルエンサーの中で、自社に関心を持つ人材の発見なども可能です。

SO-AI Japanは今後も『SO-AI:VOICE CLOUD』を通じて、企業のSNS運用力向上やマーケティング・ブランディングの成功を支援するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SO-AI:VOICE CLOUD – 株式会社SO-AI Japan
https://so-ai-japan.com/so-ai-voice-cloud/

気になるキーワードの「【今】と感情」を AIで 「見える化」するサービス提供開始 – dreamnews.jp
https://www.dreamnews.jp/press/0000204575/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top