BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

持続可能な都市づくりを目指して。浜松市、「デジタルファースト宣言」

「デジタルの力」を最大限に活用

浜松市は、2019年10月31日、持続可能な都市づくりを推進すべく『デジタルファースト宣言』を行いました。

同市は、静岡県に立地する自治体。同宣言の下で同市は、AI・ICTやデータ活用といった「デジタルの力」を最大限に活用し、イノベーションの活性化や生産性の向上、市民生活の快適化が目指すとのことです。

イノベーションの活性化や「稼ぐ力」強化を目指す

近年、人口減少や少子高齢化社会の到来、またインフラの老朽化といった問題に、多くの自治体が直面するようになりました。浜松市は、こうした問題に対応しつつ、都市づくりや市民サービスの提供を持続可能なものにすることを企図。そのための施策として『デジタルファースト宣言』を行うに至りました。

同宣言では、データ活用や地域課題解決を通じたイノベーションの活性化や、デジタル対応による「稼ぐ力」の強化と地域産業の基盤づくりを企図。また、必要なサービスを時間や場所を問わず利用できる市民生活の構築も、デジタル技術を活用する形で目指されます。

行政手続きのオンライン化や、電子決済も推進

同宣言による具体的な都市づくりとして浜松市は、官民の分野横断的なデータ連携による都市の最適化や、ICT活用による交通の最適化、また農林業といった分野でのAI活用も推進。さらに、行政手続きのオンライン化や電子決済の推進、デジタル人材の育成も進めるとのことです。

なお同市は、デジタル・スマートシティおよびデジタルマーケティングの推進について、内閣府クール・ジャパン地域プロデューサー・陳内裕樹氏らにアドバイザーを委嘱しています。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

デジタルファースト宣言 – 浜松市
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/

浜松市は「デジタルファースト宣言」を行います – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top