BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ウイングアーク1st ✕ リアライズ、データの活用と普及を目指す業務提携

データを活用しやすくする取り組み

ウイングアーク1st株式会社は10月25日、株式会社リアライズとデータ活用の普及を目的に業務提携契約を締結。両社のサービスを組み合わせた、データエンパワーメントソリューションが11月22日にリリースされます。

サービスの組み合わせでワンストップ提供

両社の提携は、ビジネスパーソンが企業の経営状況の把握、意思決定などをサポートするBIなどの分析ツールを活用し、普及・浸透することを目的としています。

提携の第1弾として、それぞれが提供するサービスを組み合わせた「営業パイプライン可視化サービス」をリリースすることになりました。

ウイングアーク1stのMappaおよびMotionBoard Cloudで、業界ごとに適したダッシュボードのテンプレートを用意。企業はそれぞれに合わせたテンプレートを選択することで、データの可視化を実現します。

そしてリアライズが提供する、データマネジメントノウハウ、AI法人名寄せクラウドサービス-Data-Masterなどで、各所に散在し形式も様々なデータの加工や結合、クレンジングなどのデータプレパレーションをサポートします。

イベントでサービスを展示

データ変更や商品追加など修正が発生した場合でも、簡単に変更が可能。データ活用が迅速・柔軟に対応できるため、情報の把握や意思決定などに注力することができます。

同サービスは、11月22日に東京で開催される「WingArc Forum 2019」に展示される予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ウイングアーク1st株式会社のプレスリリース
http://www.wingarc.com/public/detail.php?id=912

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top