BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

日立Sol、「データプレパレーション基盤導入ソリューション」の提供を開始

ワンストップでデータ活用が可能、カスタマイズ環境を提供

株式会社日立ソリューションズは2019年10月24日、「データプレパレーション基盤導入ソリューション」を2019年10月25日から提供を開始すると、発表しました。このソリューションでは、ユーザー部門などがデータを活用する上で必要なカスタマイズ環境を、ワンストップで視覚的にできる環境を提供します。

ソリューションの概要

「データプレパレーション基盤」の設計、構築から運用や保守を、「Talend Data Preparation」(米 Talend社)などを利用して提供します。また、「Databricks」(米 Databricks社)と組み合わせることで、クラウド上で統計やAIの分析ライブラリを利用でき、高度なデータ利活用が簡単に行えるようになります。

同社はこのソリューションを、ビッグデータ利活用のソリューションなどと組み合わせて提供することで、データ分析および活用をトータルに支援します。そして、企業のDXを加速していく予定です。

ソリューションの特徴

このソリューションは、基盤の設計から構築、運用や保守まで、同社がトータルで提供します。

特徴として、ユーザ部門主体で、簡単で視覚的な操作でデータ加工や整形が実現できます。また、ユーザのニーズに合わせた既存システムとの連携などで、BIやAIのデータ分析も支援が可能です。

(画像は株式会社日立ソリューションズ ニュースリリースより)

▼外部リンク

株式会社日立ソリューションズ ニュースリリース
https://www.hitachi-solutions.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top