BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「モビエージェント」と「LINE BRAIN CHATBOT」が連携で、利用者に応じた対応が実現

モビルスとLINE、システム連携で顧客満足度が高いチャットサポートが可能に

2019年10月24日、モビルス株式会社は、LINE株式会社が提供する「LINE BRAIN CHATBOT」と「モビエージェント」の連携を開始したと、発表しました。「LINE BRAIN CHATBOT」は「LINE BRAIN」のAIチャットボットで、「モビエージェント」はチャットシステムです。

連携の内容

「モビエージェント」のチャット対応時のオペレーター支援切り替え機能と、AIを搭載した「LINE BRAIN CHATBOT」が連携しました。連携により、回答精度の高い自動応答とオペレータでの対応が可能になります。顧客満足度が高い、チャットサポートが実現しました。

「LINE BRAIN CHATBOT」とは

人が話す自然な言語を理解し、自動応答するLINE独自のAI技術を使用したチャットボットです。

日本語の理解に優れていて、日本語チャットの回答精度実験結果は、他社のチャットボットより高い正解率を出しています。

モビルス株式会社

2011年9月に設立された会社です。

事業内容は、LINEを使用し相手に応じたタイミングで情報を発信できる「モビキャスト」や、AIと人の連携システム「モビエージェント」などを提供しています。また、これらの開発経験を基に自治体向けサービスの「モビルス×LINE 住民サービス」も提供しており、LINEを活用したソリューションの開発を得意としています。

(画像はモビルス株式会社 プレスリリースより)

▼外部リンク

モビルス株式会社 プレスリリース
https://mobilus.co.jp/press-release/20010

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top