BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

グルーヴノーツ、小学生から高校生が対象の「AI教育支援サービス」提供開始

社会で役立つ実践的なAI教育導入を支援

株式会社グルーヴノーツは、2019年9月24日、小学生から高校生を対象とする『AI教育支援サービス』の提供を開始すると発表しました。

同社は、誰もが手軽に機械学習を利用することができるクラウドサービス『MAGELLAN BLOCKS』の提供などを手がける企業。『AI教育支援サービス』は、社会で役立つ実践的なAI教育導入を、学校や塾において支援するものとなっています。

『AIブロック』を使用したプログラミング訓練まで

グルーヴノーツは2016年4月、テクノロジーの楽しさを学ぶ場としてアフタースクール『TECH PARK』を開校しました。同スクールでは、豊かさを支えるテクノロジーなどについて、各分野のプロフェッショナルが直接指導。小学生から使えるAIプログラミングキット『AIブロック』の独自開発および提供も、行っています。

『AI教育支援サービス』は、こうした同社の実績を活かしたものです。同サービスでは、生徒それぞれの習熟度レベルに対応した様々な教材・カリキュラムを用意。パソコン操作の基礎学習に始まり、プログラミングの基本、また『AIブロック』を使用したプログラミング訓練までが、提供されます。

3600社超のAIモデルを構築した知見を活かし

近年、初等教育から社会人の再教育に至るまで、AIやプログラミングを学ぶ重要性が叫ばれています。

しかし、その学習手法や指導者の養成などについては、解決すべき課題が多いとグルーヴノーツは判断。3600社超のAIモデルを構築した同社の知見を活かし、この課題解決を目指す『AI教育支援サービス』の提供に至ったとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

教育機関を対象に「AI教育支援サービス」を提供開始 – 株式会社グルーヴノーツ
https://www.groovenauts.jp/2019/09/24/information-45/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top