BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

サッポログループとキヤノンITS、AI技術を活用した商品需給計画システムを導入

『FOREMAST』を、開発に際して活用

サッポロホールディングス株式会社とキヤノンITソリューションズ株式会社は、2019年9月24日、サッポログループ3社においてAI技術を活用した商品需給計画システムを導入したと発表しました。

このシステムは、両社が共同で設計した『Supply Chain Planning(以下『SCPlanningシステム』)』。キヤノンITソリューションズの計画系ソリューション『FOREMAST』が、開発に際して活用されています。

在庫の適正化や輸送の平準化を実現

『SCPlanningシステム』は、サッポログループにおける「ホワイト物流」推進の一環として開発されました。計画主導型のロジスティクス業務を標準化すべく、カテゴリが異なる商品の業務フロー・システムの統一が図られています。

同システムでは、市場の要求を先に捉える『FOREMAST』により需要予測を行い、在庫の適正化を実現。また、ロジスティクスを起点とした需給調整により、輸送の平準化も可能にしています。さらに、AI技術で生産計画や補充計画の立案を自動化し、意思決定を中心とした高度化業務への切り替えも実現しました。

さらなる高度化を目指す

サッポログループにおける『Supply Chain Planning』の導入は、トラックドライバー不足や業務の属人化、また事業構造の多様化といった課題について、効果を発揮。同グループではさらに、意思決定支援・データの精度向上機能を同システムに導入し、さらなる高度化を目指すとのことです。

サッポログループとキヤノンITソリューションズは今後も、労働力不足などの課題が顕在化している物流領域において、取り組みを続けるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

サッポログループがAI技術を活用した計画主導型システム導入 – キヤノンITソリューションズ株式会社
https://www.canon-its.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top