BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ゼノデータ・ラボ、投資家の市場心理を数値化する「センチメント指数」を研究

レオス・キャピタルワークスと共同研究

株式会社xenodata lab.(以下「ゼノデータ・ラボ」)は、2019年9月24日、投資家の市場心理を表す「センチメント指数」の研究をレオス・キャピタルワークス株式会社と共同で開始したと発表しました。

ゼノデータ・ラボは、経済ニュースなどをAIで解析して企業業績への影響を予測する『xenoBrain』を提供している企業です。

高度な自然言語処理技術を活用

近年の金融市場では、自然言語などの定性情報を活用する動きが、広まりを見せています。またこうした動きの中で、経済や株式市場を予測する指標としての「センチメント指数」に、注目が集まるようになりました。

「センチメント指数」は、投資家の景況感を数値化することで、市場心理の表現を可能にしたもの。ニュースなどの定性情報に左右されるため、よりデリケートな情報の分析が求められます。

今回ゼノデータ・ラボが開始した「センチメント指数」の研究では、同社が保有する高度な自然言語処理技術を活用。業界専門紙を中心としたニュース情報を取り込んだ形で指数の開発・評価が行われます。

投資運用事業での活用が目指される

同研究をゼノデータ・ラボと共に行うレオス・キャピタルワークスは、主として日本の成長企業に投資する「ひふみ投信」を運用し、投資信託や企業年金などの資産運用を手がける企業です。

研究に際しては、レオス・キャピタルワークスが保有する投資判断における豊富なノウハウも活用。PoC(概念実証)完了後には、同社の投資運用事業において「センチメント指数」の活用が目指されることになっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

投資指数開発の共同研究を開始 ~業界初、産業ごとに投資家の市場心理を指数化~ – 株式会社xenodata lab.
https://www.xenodata-lab.com/news/20190924/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top