BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIで物流がどう変わるのか。セミナー「物流業界、AI時代の生産性改革とは」開催

テクノロジーによる物流業界の変革

株式会社ABEJAは、2019年10月30日、セミナー『物流業界、AI時代の生産性改革とは』を東京都港区にて開催します。

ABEJAは、AIソリューションを提供している企業。同セミナーでは、同社のAIを活用した物流センターの「見える化」プロジェクトを進める株式会社ダイワロジテック取締役・秋葉淳一氏を招聘。テクノロジーによる物流業界の変革について、レクチャーが行われます。

AIによる「見える化」

物流業界は、今なお多くのプロセスにおいて人手を必要としており、データ化や自動化が困難な業界とされてきました。しかしダイワロジテックは、ABEJAと共にAIを活用した生産性の向上の取り組みを開始。物流センターの「見える化」プロジェクトを推進しています。

同プロジェクトでは、特に効率化が難しい「注文数通りに商品を梱包しているか」といったチェックなども、AIによる「見える化」が図られています。同セミナーでは、こうした「見える化」によって物流業界の何が変わるのかについて説明。また、こうした変革の全体構想などについても、紹介が行われます。

白金のABEJAセミナールームにて開催

同セミナーで招聘される秋葉氏は、大手ゼネコンにて制御用コンピュータ開発や生産管理システムの構築に携わった後、サプライチェーンマネジメントシステムの構築などに従事。現在は、複数企業の代表取締役として、ロジスティクスの構築や改革を支援しています。

セミナー『物流業界、AI時代の生産性改革とは』は、10月30日、東京都港区白金一丁目『NBFプラチナタワー』10FのABEJAセミナールームにて開催。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「物流業界、AI時代の生産性改革とは」 – 株式会社ABEJA
https://abejainc.com/seminar/ja/entry/2512

物流のAI化で、現場の生産性はどう変わった?ダイワロジテック取締役が解説 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top