BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

英語学習AIロボット「Musio」、和光市中学校の特別支援学級にて効果検証を実施

自然な英会話体験を実現したAIロボット

AKA株式会社は、2019年9月24日、同社の英語学習AIロボット『Musio(ミュージオ)』の効果検証を、和光市立大和中学校の特別支援学級にて行うと発表しました。

AKAは、米国カリフォルニア州に本社を置き、AIコミュニケーションエンジンおよびロボットの開発を手がける企業。『Musio』は、Deep learning基盤の自然言語処理技術などを活用し、自然な英会話体験を実現したAIロボットです。

英語学習の頼もしいパートナー

AIを搭載した『Musio』は、自ら思考しながら流暢な英会話ができるロボットです。事前にプログラミングされていない文章も新しく生成し、ユーザーと様々な会話を行うこともできます。

学習用として同ロボットは、米国のネイティブな英会話ができる「チャットモード」と、 レベルや目的に合わせた英語学習ができる「チューターモード」を装備。単語・パターン・会話の反復練習が可能な「アカデミーモード」も追加され、英語学習の頼もしいパートナーになりうる仕様を誇っています。

また『Musio』は、各校の学習カリキュラムに対応したコンテンツ制作も可能。学習履歴を取ることで、教員のサポートも行うことができます。

実験で得られた知見を『Musio』において活用

近年、特別支援教育では生徒数が増加し、人材の不足が顕著となりました。こうした状況において教員をサポートすべく、今回の『Musio』効果検証は行われます。

AKAは、今回の実証実験で得られた知見を『Musio』において活かし、日本の英語教育向上に貢献するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Musio – AKA株式会社
https://themusio.com/home

英語学習AIロボット「Musio」による学習支援の実証実験を開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top