BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

高品質音声合成エンジン「AITalk Server」、AI試乗ソリューションに採用

試乗を顧客だけで楽しむことを可能にする

株式会社エーアイは、2019年9月17日、同社の高品質音声合成エンジン『AITalk Server』が、株式会社電通などが開発したAI試乗ソリューションに採用されたと発表しました。

『AITalk Server』は、電話自動応答やインターネットサービスなどに最適な音声合成エンジンエンジン。採用されたAI試乗ソリューションは、自動車販売店における試乗を顧客だけで楽しむことを可能にするものです。

より人間らしい自然な音声で、自由な音声合成を実現

エーアイは、音声合成エンジンおよび音声合成関連ソリューションの提供を手がける企業で、2003年4月に設立されました。

同社の『AITalk』は、人間らしい自然な音声での自由な音声合成を実現すべく、コーパスベース音声合成方式を採用した音声合成エンジンです。実装された話者は、大人から子供まで男女15種類におよび、喜怒哀楽の感情表現も可能。また、芸能人・声優・自分の声などを、合成データとして使用することもできます。

『AITalk』製品のひとつである『AITalk Server』は、ネットワークを利用してマルチタスクで合成処理を行うことを想定したエンジンとなっています。

『Kiku-Hana』が自動生成した回答テキストを発話

今回『AITalk Server』が採用されたAI試乗ソリューションは、電通と株式会社電通デジタル、そして株式会社ナビタイムジャパンが共同開発したもの。電通の日本語AI『Kiku-Hana』と、ナビタイムのカーナビアプリが、活用されています。

同ソリューションにおいて『AITalk Server』は、『Kiku-Hana』が自動生成した回答テキストの発話を担当。試乗中の会話を自動化し、営業スタッフの業務効率化も実現するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AI試乗ソリューションに音声合成AITalkが採用 – 株式会社エーアイ
https://www.ai-j.jp/2019917_2

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top