BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

製薬業界向けAI音声認識「AmiVoice」、新ガイドラインに対応して強化

業界用語や専門用語に対して高い認識率を実現

株式会社アドバンスト・メディアは、2019年9月18日、同社が提供している製薬業界向けAI音声認識エンジン『AmiVoice』について、強化を行ったと発表しました。

『AmiVoice』は、業界用語や専門用語に対して高い認識率を実現した音声認識エンジン。今回の強化は、厚生労働省『販売情報提供活動新ガイドライン』に対応する形で実施されています。

タッチ入力の約3倍の速さで入力ができる

2019年4月、『医療品医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン』の順次適用が開始されました。この開始によりMR(医療情報担当者)の販売情報提供活動では、業務記録の作成および適切な保管が求められるようになっています。

より徹底した管理体制が必要となったMRを支援するべく、アドバンスト・メディアは『AmiVoice』の強化を決定。タッチ入力の約3倍の速さで入力ができる音声認識サービスを提供することで、迅速かつ正確な情報記録および情報の質的・量的向上に貢献するとしています。

製薬企業各社への導入が広がっている

『AmiVoice』の強化では、iOS版の音声入力キーボードアプリ『AmiVoice SBx』や、Android版の音声認識システム『AmiVoice Keyboard for Android』を提供。また、Windows版音声入力ソフト『AmiVoice Ex7 Business』により、営業日報・業務報告の支援も行われます。

アドバンスト・メディアによると、『AmiVoice』は新ガイドラインに対応した業務支援ツールとして、製薬企業各社への導入が広がっているとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

製薬業界に特化したAI音声認識エンジンを強化 – 株式会社アドバンスト・メディア
https://www.advanced-media.co.jp/newsrelease/15293

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top