BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

Tealium Japan、CDPに機械学習テクノロジー「Tealium Predict」を搭載

信頼性の高いインサイトの取得を可能に

Tealium Japanは、2019年9月19日、同社のカスタマーデータプラットフォーム(CDP)製品『Tealium AudienceStream』に機械学習テクノロジー『Tealium Predict』を搭載したと発表しました。

『Tealium Predict』は、機械学習によって信頼性の高いインサイトの取得を可能にするもの。より高度なオーディエンスの創出が可能になります。

ユニバーサルなアプローチを提供

Tealiumは、ウェブ・モバイル・IoT・オフラインといった領域の複雑化した顧客データオーケストレーションについて、ユニバーサルなアプローチを提供している企業です。

同社は、多くの組織がデータ収集とインサイトの実装およびアクティベートに膨大な時間をかけていることを憂慮。この課題を解決すべく、CDPソリューションとダイレクトに連携した『Tealium Predict』の提供を開始しました。

『Tealium Predict』は、機械学習に関する知識がない組織であっても、活用できるテクノロジーです。コーディングなしで、『Tealium AudienceStream』でのモデルの作成などが可能になります。

顧客ごとに行動の可能性を予測

『Tealium Predict』の主な機能としては、顧客ごとに再訪など各種行動の可能性を予測するスコアリングがあります。また、『Tealium AudienceStream』のデータ収集とデータ活用は自動的に『Tealium Predict』と連携するため、機械学習プロジェクトが効率化されるというメリットも持ちます。

なお、2019年10月24日に東京にて開催される『Digital Velocity Tokyo 2019』では、Tealium創業者が『Tealium Predict』に関する発表を行うとのことです。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

Tealium Predict 機械学習 – Tealium Japan
https://tealium.com/

Tealium、機械学習テクノロジー「Tealium Predict」を発表 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top