BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

サーバーワークス、AIの未来をインテージテクノスフィアと語る

クラウドでのAI活用に関して議論

株式会社サーバーワークスは、2019年9月19日、株式会社インテージテクノスフィアと行った「トップ対談」の内容を公開しました。

サーバーワークスは、AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)専業のクラウドインテグレーター。インテージテクノスフィアは、インテージグループにおけるIT事業を担う企業。公開された対談では、クラウドでのAI活用に関して議論が行われています。

サーバーワークスとインテージテクノスフィア

サーバーワークスは、「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」をビジョンに掲げ、AWS事業を継続的に拡大させている企業です。2008年より事業を開始し、2014年には「プレミアコンサルティングパートナー」に認定。2019年9月時点でのAWS導入実績は、740社・6700プロジェクトを超えています。

インテージテクノスフィアが所属するインテージグループは、データを活用するビジネスを長年にわたり展開。データハンドリングのスキルや統計ノウハウ、またそれらをシステム化する技術力を高めながら、クライアントに価値あるデータを提供し続けています。

2019年3月より協業を開始

サーバーワークスとインテージテクノスフィアは、AIソリューションの提供について2019年3月より協業を開始しました。公開された「トップ対談」では両社の社長が、AIビジネスにとってのクラウドや、 これからのAIビジネスについて、語り合っています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

インテージテクノスフィア トップ対談 – 株式会社サーバーワークス
https://www.serverworks.co.jp/

クラウドでのAI活用に関するインテージテクノスフィアとのトップ対談を公開 – 株式会社サーバーワークス
https://www.serverworks.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top