BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

仮想通貨会計ソフト『Gtax』、エンタープライズ版で複雑な会計管理をサポート

ブロックチェーン領域のインフラを目指す

株式会社Aerial Partnersは9月20日、仮想通貨クラウド会計ソフト『Gtax(ジータックス)』において、ブロックチェーン関連企業向けにエンタープライズ版をリリースしたと発表しました。

経理負担や業務フロー、コスト負担のソリューション

『Gtax』は、仮想通貨(暗号通貨)の損益計算ソフト。今回、新興の仮想通貨取引所や、ブロックチェーンゲーム開発など、独自のシステム構築が必要な関連企業に向け、エンタープライズ版の提供を開始しました。

トランザクション管理、財務・管理会計、損益計算など、法人版ではできない複雑な処理・管理機能をカスタマイズで追加することができます。これまで多くの時間を要していたデータ管理を自動化します。

導入には、仮想通貨の会計・税務に精通した専門家がヒアリングを行った上で、企業の業務フローに即した効率的なプランを提案。また仮想通貨の会計処理システムの開発工数を抑え、コスト負担を軽減します。

会計処理効率化の事例を紹介

同社では、Webサイトでサービスの導入事例を掲載しています。仮想通貨レンディングサービス「CoinOn」を提供するコインオン株式会社の、会計処理の効率化を実現するまでの取り組みや考え方、経緯などが詳しく紹介されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Aerial Partnersのプレスリリース
https://www.aerial-p.com/press/190920.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top