BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ネットワークとデータ利活用をワンストップで支援、NTTコムの新サービス

「Smart Data Platform」システム

NTTコミュニケーションズは、データ利活用支援サービスプラットフォーム「Smart Data Platform」を9月30日から提供すると発表しました。それぞれの企業に合わせたデジタルトランスフォーメーションを実現します。

あらゆるデータの統合・連携を実現

同プラットフォームは、データの収集・蓄積・管理分析に必要な様々な機能をラインナップ。企業のニーズ合わせて柔軟にカスタマイズして利用することが可能です。

クラウドや自社運営など、様々に点在するデータを統合・連携し、企業内外の組織やプロセスを超えた横断的なデータの利活用を実現します。データ活用や設定なども、簡単な操作で実行できます。

一連のプロセスにおいて、閉域網内での安全なアプリケーション接続、データの匿名加工など、セキュアなデジタルトランスフォーメーションとデータ活用を支援します。

様々な拡張機能を追加予定

同社では、稼働までの時間やコストを抑えるため、ICTインフラも含めサービスをワンストップで提供。今後は「Smart Data Platform」に追加できるデータマネジメント基盤「iQuattro」を始め、順次拡張機能をリリースしていく予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NTTコミュニケーションズのプレスリリース
https://www.ntt.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top