BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

TISの音声・対話AIサービス「コエット」、「電話自動応答サービス」の提供を開始

一次対応を、音声対話AIに代行させる

TIS株式会社は、2019年9月10日、同社の音声・対話AIサービス『COET(以下『コエット』)』のラインナップとして、月額課金型のクラウドサービス『電話自動応答サービス』の提供を開始すると発表しました。

『電話自動応答サービス』は、コールセンターや企業内ヘルプデスクへの導入を想定したサービス。一次対応を、音声対話AIに代行させることが可能です。

人材不足が深刻なコールセンター業界

近年、コールセンター業界は人材不足が深刻な課題となっています。少子高齢化によって、今後も労働人口は減少が見込まれており、限られた人的リソースの中で効率的な応対を行うことが求められるようになりました。

こうした状況において、音声対話AI技術を活用した「人と会話するシステム」に、期待が集まるようになりました。簡単なヒアリングや自動回答など、AIによるオペレーター業務の一部代行も、既に試みが行われています。

AIを活用した『コエット』を展開しているTISも、この動きに着目。コールセンターでの定型業務を削減すべく、『電話自動応答サービス』の提供開始に至りました。

音声対話シナリオに基づき自動化

『電話自動応答サービス』は、音声対話シナリオに基づき、電話応答における一次対応を自動化します。シナリオは、簡単な操作で作成が可能。またクラウドサービスのため、インターネット接続環境があれば短期間で利用を開始することが可能です。

なお同サービスでは、標準機能を低価格で利用できるマルチテナント型プランと、カスタマイズが可能な専有環境型プランが提供されます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

音声対話AIを活用した月額課金型の「電話自動応答サービス」を提供開始 – TIS株式会社
https://www.tis.co.jp/news/2019/tis_news/20190910_1.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top