BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

新築シミュレータ「MANDEVE」、iOS・Android版リリース

「MANDEVE」のiOS、Android版をリリース

株式会社マクロマイスターは2019年9月9日、「MANDEVE」のiOS、Android版をリリースしたと、発表しました。「MANDEVE」は、スマートフォンで利用できる次世代の土地活用ツールで新築のシミュレータです。

アプリの概要と特徴

「MANDEVE」は、3Dボリュームプランが秒速で出せる新築のシミュレータです。

このアプリは4つの特徴があります。1つめは、「自動解析」で土地の住所や価値などを入力するだけで最寄り駅や駅距離、用途地域、容積率、一種単価、斜線制限などを自動で解析します。2つめは、地図上で土地を測量することで3Dで建物イメージとボリュームプランを表示します。3つめは、自動解析結果や建物イメージなどから賃料相場を算出し、収支計画を作成します。インカムゲインとキャピタルゲインを考慮したスコアリングを総合評価10段階で行います。4つめは、解析データのクラウド保存機能で、データを共有することができます。

また、株式会社マクロマイスターはアプリの普及と使い方を体験するセミナーを開催しています。対象者は投資家だけでなく設計事務所、建築会社、不動産会社、金融機関など、誰でも参加できます。

アプリ開発の背景

都内で土地から新築する需要の拡大に伴い、初めてスマホで分析できる、ボリュームプラン分析ツールを提供することになりました。

これまで新築で土地から検討する場合、法律等のデータを調査し設計士がプランを作成していました。今までは設計士以外がプランを作成することはなく、検討や検証する手段がありませんでした。

また、建築費や賃貸料の見積もりなどの収支計画を作成するのに膨大な時間とコストがかかっていました。スマホを使い、秒速で概算ボリュームプランを簡易的に作成し、収支スコアリング機能から投資の判断もできるツールを提供することにより、時間とコストを削減することができます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://prtimes.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top