BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

心理に着目したマーケティングを実現。オプトのAIツール「Handy CEM」、PoC開始

適切なコミュニケーションプランを自動提案

株式会社オプトは、2019年9月10日、ロイヤルカスタマーを育成するAIツール『Handy CEM』のPoC(概念実証)を開始したと発表しました。

オプトは、デジタルシフトをリードするイノベーションエージェンシーを自認する企業。『Handy CEM』は、顧客のロイヤリティを分析し、適切なコミュニケーションプランを自動提案するAIツールとなっています。

心理や感情に着目した手法、CEM

昨今、消費者のデジタルシフトが進んだことに対応する形で、企業のマーケティングにおいてもデータ活用・分析が進んでいます。こうした動きの中で、消費者の行動の裏にある心理や感情に着目したCEM(Customer Experience/Engagement Management)にも、注目が集まるようになりました。

CEMは、「より良い購買体験」や「快適なサービス」といった付加価値の提供により、顧客のロイヤリティの向上を目的としています。しかしその実践に際しては、顧客に関する膨大な量のリサーチデータと、その精緻な分析が必要です。『Handy CEM』は、このCEMを手軽に実践すべく開発されました。

CEMに関する知見とノウハウに、AIを掛け合わせる

『Handy CEM』は、オプトが保有するCEMに関する知見とノウハウに、AIを掛け合わせたツールです。同ツールは、「行動」と「心理」の2軸により顧客を分類した上で、購買行動・Webサイトの閲覧行動傾向といった指標での分析をAIにより実施。ロイヤルユーザー育成に必要な訴求内容を、自動的に提案します。

オプトは、PoCが完了次第、『Handy CEM』のベータ版提供を開始する予定。時期としては、2019年内を見込んでいます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ロイヤルカスタマーを育成するAIツール「Handy CEM」のPoC開始 – 株式会社オプト
https://www.optholding.co.jp/news/info/detail/id=4940

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top