BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

アスクル、「LOHACO Insight Dive」でメーカのDXを支援

「LOHACO Insight Dive」でメーカー向けサービスを展開

2019年9月5日、アスクル株式会社はデータマーケティング支援サービスの「LOHACO Insight Dive」を開始したと、発表しました。

アスクル株式会社は2014年に、LOHACOのビッグデータを活用した「LOHACO EC マーケティングラボ」を開始しています。「LOHACO Insight Dive」では、データ活用の範囲を広げメーカー保有の顧客データとLOHACOの購買、行動データ連携で、メーカーのオウンドメディア・広告、新商品開発など、メーカー向けサービスを展開していきます。

LOHACO Insight Diveの概要

2019年9月時点のサービスは、LOHACO本店の購買データや行動データ、レビューデータなどをメーカが指定した項目で連携する「データ連携サービス」、メーカの顧客データを個人が特定できない形に加工し、分析、レポート化する「データ分析サービス」があります。

また、LOHACOのお客様向けに行うアンケートなどから得る「調査/テストマーケティングサービス」も提供します。

LOHACO Insight Diveの今後

利用する企業は「LOHACO EC マーケティングラボ」の参加企業で、メーカ顧客の購買行動分析から深いインサイトの分析やアンケートなどのマーケティング調査が予定されています。また、メーカが開催するイベントでの体験や日常の消費行動とLOHACOデータを連携したオンライン・オフラインを統合したマーケティングを実現しようとしています。

アスクル株式会社は、お客様、メーカー、LOHACO の3者が「win-win-win」になる、新たなECビジネスを追求しています。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

アスクル株式会社 ニュースリリース
https://pdf.irpocket.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top