BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

サイバーエージェント、新規AI事業の創出、デジタル広告事業の開発を強化

サイバーエージェント、AI事業本部を発足

2019年9月2日、株式会社サイバーエージェントはAI事業本部を同日に発足したと、発表しました。この部署の目的はAIを活用したデジタル広告事業の開発強化やAI事業の創出を目的としています。

AI事業本部の内容

AI事業本部は、5つの領域で事業開発に取り組みます。

領域の一つ目は「アドテクノロジー」、AI広告配信の予測や最適化です。二つ目に「リテールテック」、来店広告事業の拡大や店舗AI化事業などです。三つ目に「AIクリエイティブ」、AIによる制作支援、クリエイティブ効果予測です。四つ目に「AIコールセンター」、五つ目に「新規事業」となっています。

また、「Data Science Center」を新たに設置し、技術者を集約することで開発効率や精度の強化を図り、AI人材の採用や育成の強化を図ります。

AI事業本部設立の背景

株式会社サイバーエージェントは、これまで「AI Lab」でAI技術の研究・開発を行ってきました。研究開発の内容として、「AIによる多種多様なクリエイティブの制作支援」、「AIを用いた広告配信における予測・最適化」、「3DCGを用いた高品質なブランディング動画の制作」があります。研究開発を進めるため、15の大学・機関と産学連携を行ってきました。

今回部署を設置することにより、新しいAI事業の創出や新たな研究領域にも取り組み、学術的発展と産業的貢献を目指します。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社サイバーエージェント プレスリリース
https://www.cyberagent.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top