BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

宿泊施設用多言語AIサービス「triplaチャットボット」、導入数が500施設を突破

問い合わせに多言語AIが回答

tripla株式会社は、2019年9月5日、同社が提供している多言語AIサービス『triplaチャットボット』の導入施設数が、500施設を突破したと発表しました。

『triplaチャットボット』は、宿泊施設に寄せられた問い合わせに対して、多言語対応AIが回答を行うというサービス。2017年1月に提供が開始されて以降、大手ホテルグループに加えて単施設のホテルや旅館でも導入が進んでいるとのことです。

AIが回答できない質問は、オペレーターが対応

近年、訪日外国人観光客数は、増加の一途を辿っています。しかし宿泊業界において、こうした状況に対応できる人材は不足しており、増加する問い合わせへの対応は特に困難なものとなりました。この課題を解決すべく提供が開始されたのが、『triplaチャットボット』です。

『triplaチャットボット』は、多言語対応AIが問い合わせに回答を行うと共に、AIが回答できない質問は各言語のネイティブによる有人チャットオペレーターが対応するというサービス。チャットを通じて客室の最安値予約も可能であるため、宿泊施設の「自社予約率向上」にも寄与しています。

ワシントンホテル運営の全42施設にも導入

提供開始以来、『triplaチャットボット』は着実に導入施設を増やしていきました。2019年8月には、ワシントンホテル株式会社が運営する全42施設にも導入が決定。この導入により、同サービスの導入施設は一気に増加し、523施設となりました。

triplaは今後も、旅行業界全体の課題解決に貢献するIT・AIサービスの導入を進め、業界において新たな価値を創造するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

triplaチャットボット – tripla株式会社
https://corp.tripla.jp/chatbot/

多言語AIサービス「triplaチャットボット」が国内導入500施設を突破 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top