BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ソフトバンク・博報堂・英Arm社、データ活用企業・インキュデータを設立

データ活用による企業の変革を支援

ソフトバンク株式会社と株式会社博報堂、そして英Arm社の3社は、2019年9月5日、インキュデータ株式会社を設立したと発表しました。

インキュデータは、データ活用による企業の変革を支援すべく設立された合弁会社。変革を目指すクライアント企業をワンストップで支援し、競争力強化に貢献するとしています。

戦略立案からコンサルティングまで

近年、AI技術やIoTが急速に普及したことを受けて、企業活動においてもデータ活用の重要性が高まってきました。しかし同時に、データ活用の戦略を立案・実行できる人材の不足や、データのサイロ化といった課題も浮上しています。こうした課題に対応すべく、インキュデータは設立されました。

インキュデータでは、匿名化されたソフトバンク独自のデータと、博報堂グループが保有する生活者のデータ、そしてArm社のカスタマーデータプラットフォーム『Arm Treasure Data eCDP』を融合。データ活用の戦略立案、各種施策を実行するためのデータ活用や分析基盤の構築・運用、コンサルティングまでを、ワンストップで支援します。

3社が培ってきた知見を持ち寄って

インキュデータでは例えば、クライアント企業のマーケティング活動において、パーソナライズを軸とした施策による集客効率化・優良顧客増加・顧客離反防止などへの貢献が可能です。また、生活者の潜在的なニーズや意識などのインサイトをデータ分析より引き出し、営業や商品企画に活用することもできます。

3社はインキュデータにおいて、これまで培ってきた知見を持ち寄り、データ活用による企業の成長に貢献するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

データ活用による企業の変革を支援する「インキュデータ株式会社」を設立 – ソフトバンク株式会社
https://www.softbank.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top