BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

商標調査で、AIと対決。Toreru、イベント「AIvs弁理士」を10月開催

AIと弁理士が3つのステージでバトル

株式会社Toreruは、2019年10月10日、商標調査対決イベント『AIvs弁理士』開催を開催します。

同イベントは、Toreruが開発した最新AIと、現役の弁理士3名が、「画像商標対決」「類否判断対決」「識別力対決」という3つのステージでバトルを繰り広げるというもの。AIが弁理士を超えるのかどうかについて、注目が集まっています。

商標登録サービス『Toreru』を提供している企業

Toreruは、オンライン商標登録サービス『Toreru』を提供している企業です。『Toreru』は、ウェブシステムやAIを活用することにより、通常の特許事務所では考えられないような納期・費用での商標登録を実現。調査や出願申し込みは所定のフォームに入力するだけで済み、進捗もクラウド上で確認可能であり、わずらわしい報告書の管理は不要となっています。

同社は、「AIが人の仕事を奪う」といった声が聞かれる昨今において、弁理士の仕事までAIが奪うのかどうか確かめることを企図。『Toreru』のために開発した最新AIと、現役の弁理士が戦うイベントとして、『AIvs弁理士』の開催を決定しました。

「類否判断対決」「識別力対決」は、観客も参加可能

『AIvs弁理士』の「画像商標対決」では、実際に出願された画像商標に対し、最も似ている画像を10分以内で見つけ出します。「類否判断対決」では、2つの商標を提示し、その類否を判断。「識別力対決」では、商標とその商品・サービスを提示し、識別力を判断します。

同イベントは、「類否判断対決」と「識別力対決」については、観客も参加が可能。スマホやPCから、出演者と同じ問題でAIに挑むことができます。正答率の高い人には、豪華景品もプレゼントされるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Toreru – 株式会社Toreru
https://toreru.jp/

日本初!商標調査対決「AIvs弁理士」イベント開催! – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top