BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

連携サービスを拡充。ALSIのAIチャットボットサービス「ASBOT」、機能強化

組織の業務効率・生産性向上を実現

アルプス システム インテグレーション株式会社(以下「ALSI」)は、2019年9月16日、機能強化したAIチャットボットサービス『ASBOT』の提供を開始します。

『ASBOT』は、『Microsoft Teams』上にて組織の業務効率・生産性向上を実現するAIアシスタントチャットボットです。機能強化では、連携サービスの拡充および設定の簡易化が図られています。

汎用性の高いチャットボットとなるよう機能強化

近年、「労働時間の削減」や「労働力の確保」を目的としてチャットボットを導入する企業が増えてきました。こうした状況に対応すべくALSIも、主として企業内のFAQ業務における効率化を推進するサービスとして、『ASBOT』を2018年11月より提供しています。

しかしチャットボットは、導入作業の煩雑さなどの課題を持つため、「使いこなせず、結果的に使わなくなってしまう」といったケースが生じる場合もありました。こうした問題を、ALSIは憂慮。誰もが運用しやすく、また汎用性の高いチャットボットとなるよう、『ASBOT』の機能強化を行いました。

直観的に目的のシナリオを登録できる

『ASBOT』の機能強化ではまず、連携可能なサービス・ツールの拡充が図られました。外部サービスのAPIをダイレクトに接続することで、営業支援ツールや総務系ソフトウェアといった外部システムの処理も、『ASBOT』経由で実施が可能です。また、直観的に目的のシナリオを登録することも可能となったため、利用者の負荷を軽減しています。

ALSIは、強化された『ASBOT』の提供を通じて、業務効率化の向上をより強固に支援するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AIアシスタント チャットボット「ASBOT」を機能強化 – アルプス システム インテグレーション株式会社
https://www.alsi.co.jp/news/2019/09/001429.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top