BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI応用のセキュリティ診断「SasaL AIペネトレーションテストサービス」提供開始

扶桑電通とStrategic Cyber Holdingsが協業

扶桑電通株式会社は、2019年9月2日、AIを応用したセキュリティ診断サービス『SasaL AIペネトレーションテストサービス』の提供を開始したと発表しました。

扶桑電通は、電話設備事業会社として事業を開始し、現在はICT分野への展開も行っている企業。同サービスは、AI応用によって品質・スピード・コスト競争力を兼ね備えた、脆弱性診断・ペネトレーションテストサービス。扶桑電通とStrategic Cyber Holdings LLCの協業により、同年9月1日より提供が開始されています。

調査から対策までワンストップで対応

ペネトレーションテストは、ネットワークによって外部と接続されたコンピュータシステムの安全性について、調査するテスト手法の一つです。実際に既知の技術を用いて、侵入や攻撃が試みられます。

このペネトレーションテストを担う『SasaL AIペネトレーションテストサービス』は、扶桑電通が提供してきたICTコンビニサービスのセキュリティソリューション群と、世界最高レベルを誇る『ImmuniWeb AI Platform』によるペネトレーションテストを、組み合わせたもの。クライアントのコンピュータシステムの安全性について、調査から対策までワンストップで対応するものとなっています。

最新の脆弱性も、AIで常に検出

『SasaL AIペネトレーションテストサービス』について扶桑電通は、AIを活用することで、診断から報告までの速度が従来より3倍速くなったと自負。また、コストについては3倍安く、診断スコープは3倍高品質になったとしています。同サービスではまた、AIの機械学習により最新の脆弱性も常に検出できるとのことです。

扶桑電通は今後も、クライアントのICTに関する課題を解決し、「お客様のお役に立つ愛される企業」を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「SasaL AIペネトレーションテストサービス」を9月1日から提供開始 – 扶桑電通株式会社
https://www.fusodentsu.co.jp/news/09/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top