BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

マルチフォームデータキャプチャを実装。文書活用「SPA Ver.10.2」提供開始

文書データ活用ソリューション『SPA』の最新バージョン

ウイングアーク1st株式会社は、2019年9月2日、文書データ活用ソリューション『SPA Ver.10.2』の提供を開始しました。

『SPA Ver.10.2』は、OCRと文書管理をオールインワンで提供する同社ソリューション『SPA』の、最新バージョンにあたるもの。OCRにおいてマルチフォームデータキャプチャを実装することで、請求書などのデータ化における課題を解決する仕様となっています。

複数のフォームが混在する文書も、OCRデータ化

AI OCRの登場により、文書のデータ化における効率は大きく向上しました。特に、申込用紙や作業日報といった単一フォームのデータ化では、この傾向が顕著であり、RPAとの組み合わせによりさらなる自動化・効率化も進んでいます。

しかし、実際の業務では複数のフォームで1セットとなる文書も多く、これらをまとめてデータ化できるOCRソフトも多くはありません。そのため、経理部門などでは依然として手入力の業務から解放されない状態が続いていました。

今回提供が開始された『SPA Ver.10.2』は、こうした課題を解決すべく、マルチフォームデータキャプチャを実装。複数のフォームが混在するPDFや、TIFF文書のOCRデータ化を、ノンプログラミングで可能にしています。

OCRコストの低減や画像補整の成功率向上を実現

ウイングアーク1stの『SPA』は、「書類をデータ化 同時に整理」をキャッチコピーとして掲げるソリューション。高精度なOCR機能でテキストをデータ化すると共に、データタイトルや項目を解析して、自動でフォルダーに振り分ける機能を備えています。

最新バージョンである『SPA Ver.10.2』により同社は、OCRコストの低減や画像補整の成功率向上を実現すると、自負しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「SPA Ver.10.2」および「SPA Cloud」を9月2日より提供開始 – ウイングアーク1st株式会社
http://www.wingarc.com/public/detail.php?id=903

「SPA Ver.10.2」および「SPA Cloud」を9月2日より提供開始 – dreamnews.jp
https://www.dreamnews.jp/press/0000200864/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top