BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

8月のTDB 景気動向調査・国内需要で景気はわずかに改善

景気DIは前月比0.1ポイント増

帝国データバンクは9月4日、2019年8月の景気動向調査を発表しました。景気DIは44.7となりわずかに増加。製造業は悪化しているものの、全体としては9か月ぶりの改善となっています。

国内需要で「建設」「小売り」が改善

8月の景気動向指数は、前月より0.1ポイント増加し44.7。10業界のうち、「建設」「小売り」など4業界が改善、「製造」など6業界が悪化しています。

企業規模別では「大企業」は8か月ぶり、「小規模企業」は9か月ぶりの改善、「中小企業」は横ばいとなっています。地域別では、10地域のうち北海道や北陸を中心に公共事業の増加で6地域が改善、東北は横ばい、九州は大雨の影響で悪化しました。

全体的に8月は、季節商品の需要、防災関連など公共事業の増加、また設備投資や住宅建築分野における消費税増税前の駆け込み需要など、国内需要が活性化したことが景気を押し上げました。

輸出減少、社会情勢から「製造業」が悪化

一方でアジア圏への輸出減少、社会情勢の不安定にともなう投資意欲の低下などが、製造業の景気を悪化させています。台風や大雨などの天候、日韓関係の悪化による訪日客数の減少、金融市場の変動なども景気を押し下げる要因となりました。

今後は、消費税率引き上げ後に一時的な消費の落ち込み、人件費のコスト負担、世界の景気低迷による輸出減少などが予想されています。

(画像はpixabayより)

▼外部リンク

帝国データバンクのプレスリリース
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/k190901.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top