BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

業務提携で、クロスボーダーマーケティングを可能に

Mininglamp Technology日本初の業務提携、Supershipと締結

2019年8月23日、Supership株式会社、Mininglamp Technology、Leading Smart Systems(Mininglamp Technology日本法人)はデータマーケティング支援事業で業務提携を結んだと、発表しました。

Mininglamp Technologyにとって、初の日系企業との業務締結になります。

業務締結の概要

この業締結で、Supership株式会社は中国、Mininglamp Technologyは日本を対象としたクロスボーダーマーケティング(国際的な取り引きのマーケティング)を実現します。Mininglamp TechnologyのMiaozhen Systems、AdMaster、nEqual(エヌイコール)のデータ解析技術と、Supership株式会社の日本市場内データ活用資産を合わせ、日中横断デジタルマーケティングプラットフォームの構築、運営、市場開拓を進めていきます。今後の予定として、中国のマーケット分析を日系企業のニーズに合わせた形で行う、新プロダクトのリリースを予定しています。

Supership株式会社では、日本のインバウンド市場を占める中国人旅行者の行動を可視化して、高い効果が得られるインバウンドマーケティング施策を提供する予定です。

Supership株式会社

2007年12月に設立された会社です。主要事業として、デジタルトランスフォーメーション事業、マーケティングテクノロジーサービス、データテクノロジーサービスを行っています。

Mininglamp Technology

Mininglamp Technologyは、中国市場初のAI+BIソーシャルデータ可視化プラットフォームを作成しています。

また、グループのデジタルマーケティング事業では中国でトップシェアを占めており、多くのブランドから高評価を得ています。背景として、Miaozhen Systems、AdMaster、nEqualで、膨大なデータ収集と解析を行っています。このデータはCookieの数では月間10億以上、主要メディア・SNSなどは、36,000以上の媒体から入手しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Supership株式会社 ニュース
https://supership.jp/news/2019/08/23/3683/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top