BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

約300箇所で購入可能、訪日外国人向けコンシェルジュアプリをリリース

株式会社TABICT、イン・プラス株式会社と提携して「TRIP CONCIERGE」を販売

2019年8月28日、株式会社TABICTは言語対応コンシェルジュアプリ「TRIP CONCIERGE」をリリースしたと、発表しました。「TRIP CONCIERGE」で訪日外国人をサポートします。

サービスの提供はグローバル通信事業を行っている、イン・プラス株式会社と提携して行います。

「TRIP CONCIERGE」の概要

旅行者向けのIoTデバイスである「TRIP PHONE」に導入している、コンシェルジュ機能をアプリ化しました。交通案内をはじめ、レストランやホテルの予約、観光案内などで訪日外国人をサポートします。

サービスは24時間、5言語(日・英・中(簡/繁)・韓)のサポートを受けられます。イン・プラス株式会社の「PREPAID DATE SIM」の購入者を対象に「TRIP CONCIERGE」を提供します。「PREPAID DATE SIM」は成田、羽田、関西国際空港などをはじめ全国の空港、コンビニの約300箇所で購入可能です。

株式会社TABICT

2016年6月に設立された会社です。事業内容はスマートホテルの企画や開発、運営、bnb kit(スマートロック・チェックインパッド・TRIP PHONE)の開発やレンタルなどを行っています。

同社は「新しい旅をつくる。」をスローガンに、「TABI」と「ICT」を掛け合わせた旅行者向けの開発およびサービスの提供をしています。

イン・プラス株式会社概要

2018年1月に設立された会社です。主要事業として、情報通信サービスをはじめインバウンド向けのSIMの販売事業を行っています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社TABICT ニュース
https://corp.tabict.jp/news/article/21117/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top