BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ダイナム、RPA活用により年間4884時間の業務効率化を実現

全国にパチンコホールを展開しているダイナム

株式会社ダイナムは、2019年8月22日、RPA(Robotic Process Automation)を活用することで年間4884時間の業務効率化を実現したと発表しました。

同社は、全国46都道府県にパチンコホールを展開している企業。RPAの導入は2018年に開始されており、業務効率化は株式会社DTSとの協業として実施されています。

合計9部門において、RPAを導入

ダイナムは、「街と生きるパチンコ。」を目指しながらチェーン型パチンコホールの展開を続けている企業です。低貸玉営業を中心とした店舗展開を推進しており、2019年8月の時点での店舗数は405店舗に到達。2012年8月には、同社を保有する持株会社である株式会社ダイナムジャパンホールディングスが、パチンコホールオペレーター企業としては初の株式上場を果たしました。

成長するにつれてダイナムは、業務の効率化や業務ミスなどのリスク低減を企図。ダイナム本部に所属する7部門と、グループ会社に所属する2部門の合計9部門において、RPAを導入しました。このRPA導入では、営業データの抽出および加工作業、店舗の修繕計画やメンテナンス・工事実績などの集計、遊戯台や備品の発注・手配作業などが、自動化されています。

BPOに加えて、内製化対応も実施

ダイナムのRPA導入では、社外取引先にロボット作成を委託するBPOに加えて、社内担当者が専門教育を受け自らロボットを作成する内製化対応も実施。結果、年間4884時間もの業務を自動作業へと置き換えることに成功しました。

同社はRPAについて、導入部門の拡大や専門チームの組成なども企図。今後もRPAを積極的に推進し、さらなる生産性の向上を実現するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

RPA導入により年間4884時間を効率化 – 株式会社ダイナム
http://www.dynam.jp/news/pdf/news_190822.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top