BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ソニー銀行、サービスサイトにAI自動応答チャットサービスを導入

問い合わせへの24時間365日対応が可能に

ソニー銀行株式会社は、2019年8月26日、同行のサービスサイト上にてAI自動応答チャットサービスを導入したと発表しました。

このAIサービスは、株式会社BEDOREが提供する自動応答エンジン『BEDORE Conversation』を活用したもの。導入によりソニー銀行は、商品やサービスに関する問い合わせに24時間365日対応が可能となっています。

高精度でユーザーの意図を理解

今回ソニー銀行が導入した『BEDORE Conversation』は、自然言語処理技術を用いた対話型の自動応答エンジンです。日本語固有の構文解析を実現するこの自然言語処理技術と共に、深層学習を組み合わせてアルゴリズムを構成。高精度でユーザーの意図を理解することを、可能にしました。

この『BEDORE Conversation』によりソニー銀行のサービスサイトでは、チャットウィンドウに入力された質問に対して、的確な回答を提示。日本語のゆらぎや類義語表現の読み替えにも対応した上で、FAQデータから高精度で回答を選び出し、対話形式で答えるとしています。

自動応答には『PostPet』の「モモ」が対応

以前のソニー銀行のサービスサイトでは、有人チャットによる問い合わせ対応が行われていました。しかしこの体制では、平日の日中しか対応できません。また、他の時間帯や土日祝日については、カスタマーセンターへ連絡する必要がありました。しかしAI自動応答チャットサービス導入後は、パソコンやスマートフォンからの気軽な問い合わせが常時可能となっています。

なお、同行サービスサイトでの自動応答には、『PostPet』の「モモ」が対応します。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AI自動応答チャットサービス導入のお知らせ – ソニー銀行株式会社
https://sonybank.net/pdf/press190826_01.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top